文学フリマ広島5に出店してきました

文学フリマ広島5は、2023年2月26日(日)に広島県立広島産業会館にて行われました。主催の皆さま、出店者の方々、来場された方々、お疲れ様でした&ありがとうございました。

京都、大阪、東京は出店経験があったのですが、広島は今回初参加。規模は京都よりも小さいのですが、ほかとは違った空気感もあったように思います。

広告

頒布物は先月の京都とほぼ同じ

イベント合わせで何か新しく出せたらよかったんですけど……結局頒布内容は、文学フリマ京都7とほとんど同じ状態になりました。京都で売り切れた分もあるので、種類が減った感じがしないでもない?

売上げ的には京都に迫るぐらいあって、規模が小さいからといって、売上げも比例して下がるわけではないんだよなと、改めて実感しました。

フリーペーパー「酩酊願望」を発行

特に新刊は出さなかったものの、新たにフリーペーパーを作り始めました。
第1号ということで……文学フリマ広島を皮切りに、これから参加するイベントでじわじわ配布していく予定です。

今回は1回目なので、ほとんど自己紹介的な内容を書き綴った感じです。

印刷はぽんつく堂さんでリソグラフ印刷してもらい、表は2色・裏は1色という使用。今後もこんな感じで不定期に発行していけたらなと思います。

酒語りとヒトハコが好調な滑り出し

イベントがスタートして、ちらほらブースに立ち寄ってくださる方もいて、ゆったりペースながらもそれなりに賑わっていました。

そんな中、Nomu-Yomu酒語りがちらほらと売れてゆきます。
ワンコイン以内で手に取りやすい価格で、印刷の面白さ(白トナー印刷の表紙で本文は2色刷り)がフックになったのかな? なんて、勝手に分析しております。
見本誌コーナーにも出してたんですけど、読酌文庫の配置が見本誌コーナーのすぐ近くだったもんで、チラチラ様子を伺ってたんですよね。
で、結構な割合で、手に取ってもらえてたような気がするんです。

あと、京都ではあまり出なかった、ヒトハコさんも良く出ました
一箱古本市参加勢も文学フリマ広島には、結構足を運んできてるんでしょうか?
委託販売していた「みんなのヒトハコZine」も、読酌文庫の手元にあった最後の1冊が旅立っていきましたし。

はなり亭シリーズは午後以降に売上げが伸びる

はなり亭で会いましょうは、午後以降にじわじわと売上げが伸びました。
一応、読酌文庫が文学フリマに出始めた動機であり、代表作としている小説なので、1冊も売れなかったら寂しいなと思っていたんです。
これで、広島にも布教できたという実績になりますね!

また広島にも来たいなと思いました

初出店の地だったので、どんな展開になるか未知数でしたが、それなりに頒布できましたし、参加できて良かったなと。
そしてまた出店したいなと。

あー、イベント参加はつくづく、中毒性・依存性のある行為だなって、思うわけです。
しょっぱい結果でも、ホクホクな結果でも、また次を考えてしまう……。

広告

次回出店は……関西コミティア?

ちょっとまだ申込ができていないのですが、5月の関西コミティアを検討してます。
関西コミティアも年に1、2回は出ておきたいなと思うんですよ。
1月は参加を見送ったので、5月は出とくべきタイミングかなと、勝手に思っております。

あと、オンラインイベントもありますね!

オンラインイベントでの立ち振る舞いが、まだつかめていなくて、参加する度にアタフタしておるのですが……
Webアンソロ企画とかもあるようなので、参加できればなと考えております。

同人誌即売会ではないですが、古本市系のイベントで「長岡京セブラボ古本市」にもお邪魔する予定です。

委託先紹介・お知らせ

読酌文庫は一部の頒布物を委託販売いただいております。
買い逃した方、弊サークルのほかの本も追加でご入り用の方、ぜひ委託先通販も利用いただけると幸いです

また、『はなり亭で会いましょう』はKindle版も販売しております。
パソコンやスマートフォン、タブレット端末にKindleアプリを入れれば、すぐに読めて便利&Kindle版だからこその廉価頒布&アンリミテッド対応で読み放題でも読めちゃいます!

【委託先】ぽんつく堂

はなり亭で会いましょうの1巻2巻3巻Nomu-Yomu酒語りを委託いただいてます。Twitter

【委託先】犬と街灯

はなり亭で会いましょうの1巻2巻Nomu-Yomu酒語りを委託いただいてます。Twitter

【委託先】架空ストア

はなり亭で会いましょうの1巻2巻3巻を委託いただいています。Twitter

Kindle版『はなり亭で会いましょう』

2023年2月10日、Kindle版で『はなり亭で会いましょう』を発売しました!

『はなり亭で会いましょう』の1巻および番外編作品『絢子さんは今日も』『絢子さんの片恋日記』の内容をまとめ、電子化するにあたって表現を微調整しております。
★評価やコメントを付けていただけるとありがたいです。

広告