【お気に入り漫画】日本酒と恋模様のマリアージュ!酒と恋には酔って然るべき

2024-03-10

日本酒とアラサー女子の恋愛事情をほどよく絡めた、エレガンスイブ連載中のコミック『酒と恋には酔って然るべき』(はるこ)
日本酒についてのネタも色々出てくるのですが、恋の展開も飽きさせず、次々と気になる出来事が発生してゆくので、飲む人も・飲まない人も楽しめる漫画です!

そんなわけで、単行本1巻からシリーズを追っかけております!

広告

『酒と恋には酔って然るべき』のみどころ

実在の日本酒が続々登場

『酒と恋には酔って然るべき』は、日本酒を扱った漫画ということもあって、作中にさまざまな日本酒が登場します。基本的に実在する銘柄で、お酒や醸している蔵の紹介も少し入り、日本酒の知識も身につけられます!

また、季節に合せたお酒の楽しみ方も出てくるので、呑兵衛的にも呼んでいてい楽しい作品。2月には立春朝搾りや獺祭のチョコレート、春にはお花見にぴったりなお酒、初夏には梅酒の話題が出てきたり、夏にはさっぱりいただけそうな銘柄が登場したりと、四季折々の日本酒がある風景を楽しめます。

主人公・藤井松子の人柄

主人公・藤井松子の人柄も好感が持てます。恋愛にガツガツしてないというか、1人楽しむ晩酌時間も大切にしていて、季節ごとのお酒を全力で楽しんでいます。

そのせいか、なかなか料理上手な様子も伺えるんですよ。

季節感あるものをお酒と合わせるためにタラの芽やふきのとうの天ぷら作っちゃいますし、招いて料理を振る舞うときも、アワビとウニを使う郷土料理いちご煮を作ったり、お月見のために里芋の衣かつぎとか面倒くさいのもサッと作ったり。

酒器にこだわったり、季節感を楽しむために花を買ってきたりと、とにかくお酒を楽しむことには余念がありません。なので、恋愛で悩んでいた次の瞬間には、お酒の話題でハッピーになっていたりして。

それでいて交友関係も広いというか社交的で、カップ酒で1人晩酌してるからといってボッチではないんですよね。恋敵(?)にあたるような相手とでも、変にギスギスしないで(それなりに気は使うけども)接していけて、友だちになりたくなるタイプです。

リアリティある恋愛模様

タイトルにもあるように、恋の行方も作品の肝です。

なんか素っ気ない感じの後輩・今泉くんを飲みに誘ったところ、酔っ払ったらちょっと可愛い感じがして、交流が始まって……
彼の言動に翻弄されながらも、気になる存在だからと距離を詰めようとしたところで、今泉くんは美森さんと付き合い始めたことが発覚!

傷心(?)していた松子ですが、伊達さんという新たな恋の相手が見つかり交際に発展!
伊達さんはいろいろスマートに振る舞う年上彼氏なのですが、交友関係の広さに不安を感じることも……
さらに、驚きの告白もあって、松子は大きな選択を迫られてしまいます!

……というような感じで、お酒を楽しみつつ、恋愛がどう転ぶのかも見物です。

また、巻数を重ねるごとに登場人物も増えており、松子の恋愛だけじゃなくその他のキャラクターたちもそれぞれにくっ付いたり離れたりがあるのも楽しく、群像劇のような雰囲気にもなりつつあります。

現在、最新巻の10巻では松子の恋愛が一段落したというか、落ち着くところに落ち着いた感じなので……今後は周辺の方々の恋愛模様もポイントになっていくのかなと思います。

紙の単行本のほか、電子書籍各社で読めるので、日本酒に興味のある人、アラサーのラブコメが読みたい人は是非どうぞ。

広告