認定ランサーになりまして

2020-05-05

昨年末ごろから、ぼちぼちランサーズで副業ライターをしていたのですが、この5月に認定ランサーをいただきました☆
正直もっと大変なのかなぁ……って思ってたんですが、コツコツやっていればそう難しくもないのかなという印象です。

認定ランサーって?

ランサーズ内で設定されている、ランク制度
無印→レギュラー→ブロンズ→シルバー→認定というランク順序であり、認定ランサーに近づくほど、受注時に有利になる
無印だと、案件への提案時に名前しか表示されないので、アピール不足で切られる可能性大
レギュラーに上がるには必要事項をすべて登録し、1か月に1回以上ログインすればOKとそう難しくない
さらに、レギュラーの条件を満たしたうえで、プロジェクト形式の案件を1件以上受注すればブロンズに昇格できる
だからお小遣い稼ぎでも、副業でも、ここを足掛かりに専業ライターになるのでも、まずはレギュラーランサーの条件を満たし、未経験でも採用される可能性の高そうなプロジェクトを1つゲットするのが大事かなと思う

振り返ると、昨年11月末にランサーズ登録をし(この辺りからライター業を収入源の一つにして云々…みたいなことを本気で考え始めた)、もろもろ登録を終えたけど数週間放置(ぇ
いやいや、これではイカンだろと12月半ばだったかに、文字単価安いけれど実績なくても採用される可能性のありそうなプロジェクト案件に応募→採用いただく。
ご縁あったクライアントさんも良識ある方で、レスポンスも良く、修正指示も分かりやすかったので、初心者としては良い勉強をさせてもらえたかなー…という印象。
で、年明けにはブロンズに昇格し、他にも案件応募したり、タスク系の仕事もちょっとやったら、数日後にはシルバー昇格!?
正直、早くね!? って、驚きましたけどここまで来たら認定ランサー目指したいよねってことで、地道に報酬の積み上げに入り……めでたく5月に認定ランサー

これが早いのか遅いのかは、ランサーズでの仕事の取組み比重とか、個人の資質とか、クライアントさんとのご縁とか、色々な要素があると思うので、一概にどうとも言えないでしょうが、個人的印象としては、結構早く認定に手が届いたなぁ……と感じています。だから、コツコツやれば、認定ランサーはそこまで難しくないのかもしれません。

というか、3月にオンライン開催されたランサーズオブザイヤー2020の配信を見てたのですが、必要事項をきちんと埋めるだけで昇格できる「レギュラーランサー」自体、全体でみると少ないのだとか……
でも、採用側つまりクライアントさんはササッと発注先を決めたいので、初期画面で名前しか表示されない無印ランサーは見向きもしないことが多く、一生懸命心を込めた提案分を書いても、レギュラー以上でなければ無駄な努力になる可能性が高いという。
逆に言うと、全く未経験・初心者であっても、きちんと必要事項を登録してレギュラーになりさえすれば、案件をゲットしやすくなり、実績が増えればブロンズ以上への昇格もあり、どんどん受注しやすくなる、ということですよね。
基本を固めるというのがまずは大事なのだなと、感じさせられます。

例外もあるのですが(体験談)

無印ランサーは見向きもされないというのは、あくまでもその可能性が高いだけで、そうでないケースもあるのでご注意を。実際応募した案件で、認定ランサーの方からの提案があったにも関わらず、無印ランサーの方が採用されたことがあったので……
クライアントさんによっては、応募された方の提案をすべて、丁寧に確認したうえで決めることもあるようです。

さて、認定をいただいたからには、これを維持していきたいところなのですが……先日キャリーオーバーを続けていた報酬の払出手続きをし、15日にはこれまでの報酬(手数料やらを差し引いた分)が振り込まれ、副業で稼いだ実感が溢れているのですが……
4月に入ってから、本業の方で様々なアクシデントに見舞われており、仕事が全然片付かず、退勤時間も遅くなり、副業に取り組む時間が減っているという、非常事態に陥っています。結構、心身ともに疲弊している感じなので、どうバランスを取ってやっていくかが今後の課題……かなぁ……