七冠馬・シンボリルドルフと縁ある酒蔵 簸上清酒/島根県仁多郡(酒-1グランプリ参加蔵紹介)

2020-08-23

代表銘柄が「七冠馬」とあるので、何か競馬と関連が…? と思っていたら、やっぱり関連ありました!
今回は酒-1グランプリへの参加、3回目となる簸上(ひかみ)清酒合名会社さんを取り上げます。

簸上清酒 基本情報

代表銘柄 七冠馬、玉鋼
所在地 島根県仁多郡奥出雲町横田1222
ホームページ

七冠馬という銘柄の由来は競走馬・シンボリルドルフ

「七冠馬」という名称から、競馬やらサラブレッドやらのイメージがあったのですが、蔵元さんのホームページでもその関連について触れられています。

 日本の競馬史にて名高いオーナーブリーダー、シンボリ牧場・和田家との縁にて、そしてその生産馬である七冠馬「シンボリルドルフ号」をイメージしてできた新ブランド「七冠馬」シリーズを平成8年秋より発売。

蔵元簸上のご紹介

牧場と蔵元さんの家系は親戚筋だそうで、そのご縁から史上初の七冠を成し遂げた「シンボリルドルフ」をイメージした銘柄「七冠馬」が誕生。

ラベルにも躍動感ある馬の姿と「7」の文字をモチーフにしたデザインが使われています。

……ちなみに、こちらの七冠馬は、デパートに頒布に来られていたのを見つけて購入しました🍶
どちらもスッキリ系の飲み口でしたが、開栓して少し時間を置いた方が飲みやすくなった感じがします。

まとめ

日本神話とも関連の深い、島根の酒蔵「簸上清酒」

無冠のままでは勿体ないので、今年10月の酒-1グランプリにも是非、参加していただきたいですね。